車にChromecast with Google TVを搭載してNetflixやPrime Videoを見る

Chromecast with Google TV ホーム画面
この記事は約7分で読めます。

Fire TV Stick 4Kから変更

もう6年ぐらい前の記事になりますが、カーナビにFire TV Stickを搭載して、NetflixやPrime Videoを見たり、Spotifyで音楽を聴いたりしていました。

車載したFireTV Stickでプライムビデオを楽しむ
昨年末にFire TV Stickを車載し、AirPlayでiPhoneの音楽を再生したりしていました。 AirPlayを利用するにあたり、車内でのインターネット環境を構築。 docomo向けHUAWEI製モバイルルーターHW-01Fの白ロムにIIJmioのファミリーシェアプランのData通信専用SIMを入れLTE通信で利用。 そーすると、AirPlayだけで無く、Amazonプライムビデオも楽しめるんじゃないかと思い、プライムビデオの視聴してみることにしました。

数年使っていると本体の性能も大きく向上することもあり、Fire TV Stick 4Kに換装して使用。
悪く無かったのですが、FWバージョンアップの度、ホーム画面が新作動画の案内などでごちゃついてきていて、正直なところ使い勝手が悪くなってきていました。

まぁ、カーナビぐらいの画面サイズで使用することを想定して設計されていないので仕方は無いかなと思いながらだましだまし使用していましたが、もう少し使い勝手を良くしたいと思い、Chromecast with Google TVに変更することにしました。

Chromecast with Google TVをカスタマイズ

やはり、Chromecast with Google TVも新作案内など大画面向けの視認性で、アプリが見づらいので、シンプルなホーム画面に変更することにしました。

まずは、ホーム画面の変更

ホーム画面を変更するため、好みのLauncherをインストールします。
私は、ATV Launcher Proをインストールしました。

ATV Launcher Pro
ATV Launcher Pro
開発者: DStudio Canada
金額: 無料

標準ホーム画面の無効化へ

ADBコマンドが繋がる環境で、標準ホーム画面を無効化します。
まずは、Chromecast with Google TVの開発者向けオプションを有効化します。

開発者向けオプションの有効化方法

  1. Chromecast with Google TV設定を表示します。
  2. システムデバイス情報Android TVのOSビルド へカーソルを遷移し、決定ボタン7回連打します。
  3. 開発者向けオプションが有効になりましたとトーストが表示されます。
  4. 設定に戻って開発者向けオプションが表示されたら有効化が完了しました。

次にUSBデバッグを有効化します。

USBデバッグの有効化

開発者向けオプションを表示し、画面を下にスクロールさせるとUSBデバッグが表示されるので有効化します。

次に標準ホーム画面を無効化します。

標準ホーム画面を無効化

ADBコマンドが使用可能なパソコン(Windows / Mac)とChromecast with Google TVをネット経由で接続します。

まずは、Chromecast with Google TVのIPアドレスを設定で確認し、次のADBコマンドを入力して、標準ホーム画面無効化します。

adb connect 192.168.xxx.xxx
adb shell pm disable-user --user 0 com.google.android.apps.tv.launcherx
adb shell pm disable-user --user 0 com.google.android.tungsten.setupwraith

ATV Launcher Proをホーム画面に

リモコンのホームボタンを押すと、ATV Launcher Proを標準化するか確認画面が表示されます。
常時を選択して完了します。

Chromecast with Google TV ホーム画面

使用中のChromecast with Google TV ホーム画面

写真は現在使用中のホーム画面ですが、凄くシンプルな画面にすることができました。

また、このATV Launcher Proは、1画面に表示するアイコンの数が調整できるので、接続する画面サイズに合わせて見やすく変更が可能なのが良いところです。

次は、アプリケーションをインストールします。

インストールしたアプリ

Netflix
Netflix
開発者: Netflix, Inc.
金額: 無料
Prime Video - Android TV
Prime Video - Android TV
開発者: Amazon Mobile LLC
金額: 無料
torne® mobile
torne® mobile
金額: 無料
YouTube for Android TV
YouTube for Android TV
開発者: Google LLC
金額: 無料
Apple TV
Apple TV
開発者: Apple
金額: 無料
Button Mapper: Remap your keys
Button Mapper: Remap your keys
開発者: flar2
金額: 無料

インストールするアプリは、契約しているVODなどストリーミングサービスにあわせると良いかと思います。

リモコンのボタンをカスタマイズする

次に、リモコンのボタンをカスタマイズします。
先ほどインストールしたButton Mapperを使用します。
各ボタンにワンタップダブルタップ長押し機能アクションを割り当てる事ができるので、すごく便利になります。
全ての機能を利用するのに、アプリ内課金でPro版を購入する必要があります。

インストール後、Button Mapperを起動するとユーザー補助を開始しますか?と確認画面が表示されますので、指示に従い有効化します。

あとは、自分のお好みに編集します。
私が変更したボタンは、下記の通り

  • ミュートボタン長押し設定
  • YouTubeボタン → Prime Video
  • YouTubeボタン長押しYouTube
  • 入力切換ボタン長押しRefresh Wi-Fi

他にもお好みで変更するのと使いやすくなると思います。

カーナビにChromecast with Google TVを接続する

カーナビ本体も老朽化が影響して、新しく買い替えてます。
現在使用しているカーナビは、パイオニアの楽ナビ AVIC-RZ712です。
カーナビを取り付ける際、HDMIメスがアクセサリボックスに出てくるようにケーブルを引き出しています。

https://amzn.to/3Pse1EB

Chromecast with Google TVを接続するのに、出っ張りが少ない電源アダプタをシガーアダプタに組み込み接続しています。

Bitly

あとは、夏場の熱対策に、ヒートシンクを取り付けました。

https://amzn.to/3MvZsxT

現在の車内通信環境

バッテリーを搭載していないUSB端子で電源供給できるSIMフリールーターを搭載。SIMは、IIJmioのデータSIM(docomo回線)を搭載しています。

Amazon | ピクセラ LTE対応 USBドングル PIX-MT110 ※SIM別売※ | ピクセラ | モバイルルーター 通販
ピクセラ LTE対応 USBドングル PIX-MT110 ※SIM別売※がモバイルルーターストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
https://amzn.to/3FZT2Vx

最後に

速度は契約しているSIMのプランによるかと思いますが、NetflixやPrime Videoを視聴するぐらいでしたら、全く問題無く視聴できます。
勿論、Spotifyでのストリーミングも快適です。

他に、ナビでテレビが受信できなくなったとき様に、torne mobileで自宅のnasneと接続していますが、格安SIMでは通信速度が厳しい感じがします。

https://amzn.to/3MsLJrz

IIJmioのデータSIM(docomo回線)は、使い放題では無いので、通信量が気になるなら、モバイルルーターと同じメーカーで大容量プランのあるピクセラモバイル 100GBプランも良いと思います。

Chromecast with Google TVを車載することで、長距離ドライブ中にテレビが受信できなくなっても通信環境が使えるので、同乗者を楽しませることができるようになりますね。

https://amzn.to/3NeIX9w

 

タイトルとURLをコピーしました