W3 Total CacheからWP Fastest Cacheに変更し他にも手を入れた。

異常にアクセスが重い時間があった

1ヶ月ぐらい前から気になっていたんだけど、アクセスする時間によって異常に重たい時があったんですよ。まぁ借りてるサーバーの影響だと思い込んでいたんですがどうやらそうでは無かったっぽいです。

そんな訳で、久しぶりにプラグインとか見直してみることにしました。

キャッシュプラグインの見直し

ここ2年ぐらい使用していたプラグイン。W3 Total Cacheですが、こいつが悪さしてるんじゃないかなぁと思って、まずは削除することに。

W3 Total Cache削除方法

削除手順とか間違えるとアクセス出来なくなったりするので、バイラルクラブさんの記事を参考に削除しました。

削除してみたら、表示自体は少し遅いのですが、表示開始速度が改善しました。
理由は不明ですけどね。

WP Fastest Cacheのインストール

WP Fastest Cacheは、寝ログさんの記事を参考に組み込んでみました。

設定は、Checkできるところは全部設定。
こちらは快適になったか、また重たくなる時間があるかを体感できるかによっての判断ですかね。

2017.02.06 追記

やっぱり少し効果を感じた事とモバイル向けキャッシュを有効にしたり、他の機能も使いたくなったので、WP Fastest Cacheを有料版のPremiumにするため、Wordpressのプラグインでは初めて課金しました。

$39.99 USDだったはずなのですが、PayPalで支払手続きをすると何故かユーロで計算されてました。お支払した金額は€37.59 EURで、¥4,773 JPYでした。W3 Total Cacheと異なり一回のみの支払で使用できるので、ちょっと高い感じもしますが、これで快適になるなら有りかな?と。

サーバー移転とかより楽だしね。

ちなみに、AmazonJSとの組み合わせで、表示がおかしくなったりしたので、設定は次の画像の通りにして、今の所問題無く動作してます。

DB Cache Reloaded Fixの復活

W3 Total Cacheを使用していた時は削除していたデータベース用キャッシュのDB Cache Reloaded Fixを復活させました。5年近くアップデートされてませんが、代替プラグインもなかなか無いので、、、

つぎにスパム対策

どうもログイン履歴を見てみると、不正なログイン名とかでガンガンログインしてきてる時間があるみたい。

これも対策しましょうかってことで、投稿時などのロボット判定機能を追加するAdvanced noCaptcha reCaptchaを組み込んでみました。

このプラグインはログインフォーム画面等にも適用できるので対策になるかな?と。

こちらも詳しい設定方法は、寝ログさんの記事を参考に。

これでしばらく様子見

これでも重たくなる時間があるかしばらく様子をみようと思います。

他にも原因ありそうですけどね。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)