Mio Fuseを使用して約1ヶ月目のレビュー

電池寿命が長い

7月末に商品が届いて、週2回の水泳と数回の駅までのサイクリングでHRセンサーを利用しています。 Polar Loopの時は2日に1回充電が必要でしたが、Mio Fuseは1回の充電で2-3週間と持ちます。 これは個人的に画期的で、ここまで電池が持つと非常に使いやすいですね。 もちろん、HRセンサー使用時間で電池寿命は変化しますから、HRセンサーを使わない場合は、さらにもっと電池寿命が長くなりそうです。

心拍数からわかる消費カロリー

ジムに行くと1時間程度泳いでいます。 泳ぎ終わった後、Work Outデータを同期し、大体どんな感じだったかを見直していますが、泳ぐ時間帯によってはコースが混み合っていて、全力で泳げなかったりします。 そんな訳で、添付画像の通りなのですが、Zone 1-3(HR 91-126)を行ったり来たり。 最大時でも148とちょいと低めですね。

Mio Fuse Work Out DATA

Mio Fuse Work Out DATA

このWork Out DATAで、画面を切り換えると大体 800Kcalの消費と言う事がこのSWから判断できるので、結果を見て後でニヤニヤすることができます(笑) ただ残念なのは、このDATAのSpeedとPaceは、正直あまり当てにならないことですかねぇ。 実際に泳いでいる距離は、2.5-3.0kmぐらいになります。

目的さえハッキリしていればオススメ

このMio Fuse。 活動量計としても使用でき、目的さえハッキリしていれば、あくまで個人的にですがオススメです。 Polar Loopと異なり、睡眠計はありませんが、ジムでの実績を計測することを目的とした場合は非常に満足いく商品ですね。

あえて残念な所は

この製品の素材がシリコン樹脂なので、塩素が付着しやすい事とホコリを吸着しやすいことですね。 ただ30m防水なので入浴時に軽く洗えば良いですし、我慢できる範囲でしょうか。

 

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)