DSC-RX100M2を購入

どうしてコンデジ

本当は、ミラーレス一眼が欲しかった。
特に欲しかったのは、SONY α6000
ミラーレス一眼ながら、コンデジに迫るコンパクトさ、EVF搭載等々、性能面や機能面を見ても、デジタル一眼に匹敵する性能なんですよね。

その前は、NEX-6Lが欲しかったのだけど、そんな気持ちのまま2年近く過ぎてしまった。

今回もコンデジを選択した最大の理由は、

携帯性がよい

ただ、それだけに限るんですよね。
かと言って、画質がスマホ程度なら荷物が増えるだけなので、必要無い。
画質が良いのなら、一眼に匹敵なサイズのコンデジもあるが、それでは本末転倒。

携帯性が良いのは大事

そんな訳で、店頭で何気なしに触ってみたDSC-RX100を触ってから、購入欲がふつふつとわき上がってしまった。

最初は、コンデジじゃあなぁと言う感じでしたが、実際に触ってみると、センサーのサイズからか、暗所に強くて解像感もそれなりに良い。

そして価格が40,000円未満。
ポケットに入る大きさ。液晶の見やすさ。EVFが無いのは残念ですが、そこまで多用するとも思えず、ほぼDSC-RX100を買うつもりで、再度店頭に往訪。

すると、隣のDSC-RX100M2も気になってきた。
変更点は、

  • 液晶の角度が変更可能
  • 1インチ裏面照射型CMOSセンサーでさらに感度アップ
  • Wi-Fi搭載
  • マルチインターフェイスシュー搭載で、後でEVFを付けたりできる

と、なかなかの物。
FlashAirを同時に買うつもりだったから、Wi-Fiが搭載されていることが後押しになりましたね。

って事で、購入。

同時にグリップ性能を良くする

と液晶保護フィルムとソフトケースを手に入れました。

他にも欲しくなるオプション品

これ、フィルタ付けれるんですよね。
オプションであったなんて、購入した後で分かりました。
円偏光フィルタが使えるとかどんだけ胸熱。

ってな訳でですね。
ちょっと欲しい物を列挙。

あとフィルタ付けたまま収納できるケース

で、フィルターアダプタの固着は両面テープらしいので、車用ですが脱脂剤でもあれば完璧かと。

てな訳で物欲がふつふつとしていますよ(笑)

ちなみに、このデジカメで、8台目になるかと。
間にCyber-Shot携帯も入れたら、11台目かな。

最初の頃は何を持っていたのか忘れましたが、35万画素、90万画素、200万画素、300万画素400万画素と少しずつ性能が上がる度に買ってた気がします。
500万画素のデジカメの購入を最後に暫くはCyber-Shot携帯に走り、動画撮るためにXactiの1000万画素のを衝動買い。
暗所に弱いですが、iPhone 4あたりからスマホでも十分な画質になりつつあったので、暫くはデジカメに手を出さず。
しかし、光学ズームが欲しくなり、FUJIFILM Z1100EXRが激安だったので購入。
iPhone 5sを購入して画質にまた不満が無くなり、今に至るって感じかな。

一応、試し撮り

山椒の実

庭の山椒の実。熟しすぎてはじける寸前。

ってことで、RAW+JPEGモードで適当に撮影。
絞り優先での撮影がこんな簡単にできるなんて(笑)
そして、曇天の中でしたが、明るい画像ですね。良い感じですよ。

山椒の実

山椒の実。(iPhone 5sの標準カメラアプリ)

iPhoneだと工夫して被写体にピントを合わせるのが限界。
ほんのり後ろがボケる感じでしょうか。解像感は高いんですけどね。
但し、手軽さだけは最高ですよ

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)