昔かじったPukiWiki記法をWordPressに導入してみた

昔、PukiWikiを使ってサイト運営をしていた

もう、大分前の話ですが、PukiWikiを特定ユーザーのみ編集できる様にカスタマイズを行い、サイト運営していました。
ふと、MarkDown記法を調べて居たところ、WordPressで使える事がわかり、Mac環境向けにエディタやらなんとなく検索していると、PukiWiki for WordPressってのがあったんですね。
今まで知りませんでしたよ。

って事で、早速Plug-in導入。

WordPressでは、テキストエディタ編集で良いみたいです。
なので、ビジュアルエディタを無効化。
そして、記述方法も、

[pukiwiki]
*見出し
本文
[/pukiwiki]

と、ショートコードで挟むだけで良いんですね。
久しぶりに使うので、PukiWiki記法のリファレンスでも眺めておくか。

使い始めた感想。

ああ、なんとなく覚えている。
これならタグを打たなくて良いし、表やリストなんかも楽に作れます。

PukiWiki記法で心残りな事が一つ

PukiWiki時代のデータが残っていたらなぁ、、、、
温泉の記事はもっと充実したのに、、、

次は、MarkDown記法で編集してみよう。

※ 2015年3月現在は、PUKIWIKIプラグインを使っていません。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)